巨木
春先に強風の吹き荒れる当地だけなのか
物心付いた頃は町中のあちこちにケヤキの巨木がありました
母親の実家・・・祖父母の家にも特大の木がありました
そんな環境を見てきた、親しんできたからなのか
気になる木なのです
百年をはるかに越える長い年月、町を見下ろし何を思っていたのだろうと


b0074098_621422.jpg



b0074098_652236.jpg

NEX-7 18-55
by Masa_ls | 2012-11-17 06:05 | 風景 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://masals.exblog.jp/tb/19511506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-11-17 20:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by t-higasikouji at 2012-11-17 21:03
古い趣のある橋、門のあるお宅なので、
きっと由緒あるお宅なのでしょうね。
コンクリートの塀を、遠慮しながら、ケヤキの成長と共に
少しずつ壊してしまったのかもしれませんね。
きっと、この家の守り木、木の精が宿っているかも・・・
いずれも、人間よりも多くの事を見つめてきているのでしょうね。

そんな 凄さを感じさせて頂きました
Commented by Masa_ls at 2012-11-17 22:59
鍵コメさん

そうでしたか^^
Commented by Masa_ls at 2012-11-17 23:05
トッシーさん

写真的な面白みには欠けますが
こんなケヤキの巨木も町の歴史の一部なんですね
人の寿命をはるかに超えて町を見下ろしていますので
激動の昭和もしっかり見てることでしょうね
もし話が聞けるならいろいろ聞いてみたいです
Commented by gigen_t at 2012-11-18 20:08
 風情が有りますねー、 かつては お殿様のお膝元なのでしょうか、 田んぼに囲まれた 当地では味わえ得ぬ お屋敷のご様子、
Commented by aoikesi at 2012-11-19 13:38
ケヤキの大木は見ているだけですっきりします。
沢端川沿いでしょうか。

テレビのアンテナを少し上げてみました。
調整に苦労していたようですが、なんとか回復しました。
ありがとうございます。
Commented by minton at 2012-11-19 18:27 x
その地域には植生でも道路でも地名でも所以があり、それだけで重さがありますね。
Commented by nontan91 at 2012-11-19 21:44
う~ん、いい巨木ですな~^^
曇りのお天気が幸いして、重厚感ある絵になってますね。
一枚目、この橋がいいじゃないですか、軽自動車がやっと通れるような
ちょっとふらついたら堀に落ちてしまうような危うさがなんともよいです^^
な~んだ、白石も素敵なところがあるじゃないですか~出し惜しみしてたな(笑)
Commented by Masa_ls at 2012-11-19 22:17
gigenさん

城下町の風情・・・何とか残っているようないないような^^;
もうウン十年も見てますので慣れ?のせいか気付かないのか
でもやっぱりどこか城下町の雰囲気はありますね^^
Commented by Masa_ls at 2012-11-19 22:22
aoikesiさん

一枚目は沢端川沿いです
ケヤキの大木は威厳に満ちた風格があります^^
アンテナ無事解決したようで良かったですね
高くした?やはり伝播条件が変わったのですかね~
Commented by Masa_ls at 2012-11-19 22:25
mintonさん

歴史の重みとも言えそうですね^^
当市はケヤキが市の木に指定されるだけあって
あちこちで見られるんですよ
Commented by Masa_ls at 2012-11-19 22:31
のんたんさん

お江戸は如何でしたか^^
出し惜しみなら良いのですが
いつも見てると慣れてしまって良さがわからなくなってるのでしょうか
もっとしっかり見つめ直さないといけませんかね^^;


<< 宿場 雲三態 >>