シュカブラ
樹氷で有名な蔵王、樹氷が出来る条件が揃ってるんだそうです
木に着雪したものを樹氷と呼んでいる方もおられますが正しくは名前のとおり氷です
1~3月ごろ適度な水の粒子を含んだ北西の強風が青森トドマツに衝突し
瞬間凍結した氷の結晶が成長したものです(通称エビの尻尾)
従って樹氷が成長する方向は北西となします、この向きに注意してれば
視界が悪いときでも方向が分からなくなる事を避けられます

これはシュカブラと呼ばれるものですが、稜線付近に強風によって出来るものです
その美しさと迫力に足を踏み入れることも躊躇してしまいます


b0074098_18194031.jpg

minolta SRT101 rokkor 28mm f2.8 400TX
by Masa_ls | 2014-02-17 12:17 | 風景 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://masals.exblog.jp/tb/22081154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kasumigajyo at 2014-02-17 17:32
オバンです、シュカブラと言うんですか、素晴らしい別世界の景観ですね。
Commented by Clearwater0606 at 2014-02-17 23:44
シュカブラ、凛とした雰囲気がありますね。いつか私も見に行きたいのですが、果たせずにおります。
Commented by Masa_ls at 2014-02-18 10:26
kasumigajyoさん

日本名では風紋でしょうか
砂丘なんかに出来るものの雪バージョンとでも申しますか
こちらは硬いです
Commented by Masa_ls at 2014-02-18 10:30
Clearwater0606さん

ご存知かと思いますが、宮城蔵王澄川スキー場から雪上車での樹氷観賞ツアーがあります^^
今年の異常天候でどうなってますかね
Commented by nikojisan at 2014-02-18 18:46
おばんです。
樹氷は何度かテレビなどで見ていましたが・・・これは初めて見る風景です!!
厳しい冬の風景ですね。。。。??
感動ものです!!
Commented by Masa_ls at 2014-02-19 08:55
nikojisanさん

樹氷が出来る場所は風が強く当たりますので
樹氷のすぐそばに出来ている事が多いんですよ
自然の作り上げる景観はすばらしいものですね


<< アイスモンスター 雪の日 >>