城山の紅葉
先日普段使うこともなかった MFのnikkol 105mm f2.5をD800に付けて室内を撮影した
ハッとするような描写と立体感を感じ使ってみたくなった
ところがこれが結構厄介でピント合わせも露出も手間取る、それでも敢えて持ち出してみた


b0074098_202194.jpg



b0074098_2022530.jpg



b0074098_2024555.jpg



b0074098_203559.jpg


これはPhotoShopで遊んでみたもの
b0074098_2032191.jpg

D800E 105mm f2.5 全て絞り開放で撮影
by Masa_ls | 2015-11-16 20:05 | 風景 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://masals.exblog.jp/tb/25094795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nontan91 at 2015-11-18 00:43
この105mmは名器ですからねぇ。
風景撮るときや、人を撮るときには重宝したものですよね。
デジタルにつけると意外と使いにくいのですが、よく持ち出しました!
露出オーバーの独特な世界、堪能させていただきました^^
またこのレンズを連れて行けるといいですね。
Commented by Masa_ls at 2015-11-18 06:40
のんたんさん

以前にもこのレンズの話題ありましたよね
カビが生えた頂き物ですが自分で分解クリーニングしても惚れ惚れするような写りしました
究極はやはり単焦点なんでしょうね
これでAFが使えたら頻繁に持ち出しちゃいますが・・・それは贅沢というものでしょう^^;
今度多用していこうかと思ってます、軽いし^^


<< 池の中の紅葉 阿武隈川の朝 >>